死にゆく人と共にあること~Being With Dying~ 本文へジャンプ
 プロジェクトの趣旨・発起人・賛同者
「死にゆく人と共にあること」プロジェクト

—伝統的知恵と医療を統合した
新たなスピリチュアル・ケアの創造に向けて—

 GRACEプログラム2016
~いのちに寄り添うエンド・オブ・ライフ・ケアのために~
PART1

定員に達しお申し込みは終了いたしました(3月19日)

プログラム概要

日時:2016年4月23日(土)午前9時〜24日(日)午後4時

会場:長弓寺(奈良県生駒市)


講師:ジョアン・ハリファックス老師

井上ウィマラ先生(高野山大学)、栗原幸江先生(都立駒込病院)、高宮有介先生(昭和大学)
恒藤暁先生(京都大学)、永澤哲先生(京都文教大学)、朴順禮先生(慶應義塾大学)、藤田一照老師(曹洞宗)

ファシリテーター:中野民夫先生(東京工業大学)

会場:長弓寺(奈良県生駒市上町4443/0743-78-2468)
アクセスに関する詳しい情報はこちらのウェブサイトをご参照ください。


ご宿泊について

宿泊施設は、長弓寺塔頭となかのりさん荘の2か所となります。

・長弓寺塔頭(薬師院、円生院、法華院)
宿泊は3つの塔頭に分かれ、それぞれ5〜20人の大部屋でのお泊まりとなります。
何か御懸念のことがある場合はあらかじめ事務局にお申し出ください。
なお、22日に前泊される方は長弓寺塔頭での宿泊となります。

・なかのりさん荘(長弓寺から送迎車で10分弱)
宿泊は、それぞれ1人—2人の小部屋でのお泊まりとなります。
何か御懸念のことがある場合はあらかじめ事務局にお申し出ください。


・食事:朝食・夕食は各宿泊施設で、昼食は薬師院会館で頂きます。食事は菜食系を中心としていますが、アレルギーなどのご心配がございましたら、事務局まであらかじめお申し出ください。


・持ち物:洗面用具、タオル、寝間着などは各自でご持参ください。


当日の受付について

・22日:午後7時から、長弓寺の薬師院会館
22日は夕食のご用意は出来ませんので、事前に食事を済ませてからご来場ください。
また午後21時以降に到着されるかたは事前にご連絡ください。

・23日:午前8時30分から、長弓寺の薬師院会館
午後のセッション後、各施設に分かれて頂きます。

スケジュール(予定)

・22日(金曜日)
19:00 - 21:00  受け付け(前泊者用:長弓寺薬師院会館)

・23日(土曜日)
06:30 - 07:30  瞑想
08:00 - 09:00  朝食
08:30 - 09:30  受け付け(当日参加者用:長弓寺薬師院会館)
09:30 - 10:30  イントロダクション(日本でのGRACEプログラム開催について)
10:30 - 12:30  Session1:ファンデーション(全体概要と基礎) 講義・瞑想
12:30 - 14:00  昼食(長弓寺薬師院会館) 休憩 
14:00 - 17:00  Session 2:G(グラウンディングのための集中) 講義・瞑想
17:00 - 17:30  休憩 移動
17:30 - 19:00  夕食(各宿泊施設)
19:00 - 21:00  Session 3:R(志を思い出す) 講義・瞑想
21:00       終了 入浴・就寝

・24日(日曜日)
06:30 - 07:30  瞑想
08:00 - 09:00  朝食
09:00 - 12:00  Session 4:A(自己一致) 講義・瞑想
12:00 - 13:00  昼食(長弓寺薬師院会館) 休憩 
13:00 - 16:00  Session 5:総括(振り返り・今後) カウンシル・質疑応答
17:00       プログラム終了 解散


ご連絡先

事務局連絡先:office@bwdj.org


 
春秋社より刊行されました!

ジョアン・ハリファックス著
「死にゆく人と共に生きる
ーアメリカ仏教チャプレンの実践に学ぶ」

Being with Dying:
Cultivating Compassion and Fearlessness in the Presence of Death

序:大井玄 監訳:井上ウィマラ 
訳:中川吉晴+浦崎雅代+小木曽由佳+白居弘佳

学会員特別割引はこちらへ
 関連の催し
 第1部:ワークショップ

「マインドフルネスによる終末期ケア」
2016年1月10日(日)午後2時~11日(月/祝)午前10時
講師: 藤田一照(曹洞宗国際センター)永澤哲(京都文教大学)井上ウィマラ(高野山大学)  

第2部:シンポジウム
「死の臨床に向き合うー燃え尽き防止のための自己ケアー」

2016年1月11日(月/祝)午後1時~午後5時
講師:恒藤暁(京都大学)武井麻子(日本赤十字看護大学)
栗原幸江(都立駒込病院) 井上ウィマラ(高野山大学) 

  GRACEプログラム2015〜ターミナルケアでの燃え尽き防止のために〜

日時: 2015年4月24日(金)午後1時〜26日(日)午後4時

会場: 長弓寺(奈良県生駒市)

講師: ジョアン・ハリファックス師、シンダ・ラシュトン教授、トニーバック教授   

 シンポジウム:
 
「死とより良く向き合うためにー伝統的知恵をターミナルケアに活かす」

2014年11月1日(土) 午後3時ー午後6時30分
武蔵野大学武蔵野キャンパスグリーンホール
 ジョアン・ハリファックス師 講演
「米国における仏教チャプレントレーニングの実際:死の臨床に仏教ができること」

2012年6月2日 京都
 Being With Dying 研究会事務局
E-mail info(@)bwdj.org