蘇りの地熊野における死と再生

bwdj/ 1月 31, 2019/ 未分類/ 0 comments

トークイベント・ワークショップ『甦りの地:熊野』

2019年1月31日(木) 15時~18時

15時−15時45分 講演『新たな宗教ツーリズムとしての熊野の可能性』
講師:村川治彦
米国のシンクタンクPEW研究所が2017年に行った調査では、いずれの組織宗教にも属さないが何らかの精神性を重視する「SBNR(spiritual but not religious)」と答えた人が全米の4人に1人にのぼることが明らかになりました。こうした人々の増加は世界的に注目されており、近年のマインドフルネスブームの背景にもなっていると考えられています。また熊野を訪れる外国人観光客のなかにもこうしたSBNR層が増えていると考えられます。この講演では熊野信仰の多様性をてがかりに、SBNR時代における新たな宗教ツーリズムとしての熊野の可能性と課題について考えていきます。

16時−18時 トークイベント『ありのままを観るー四念処』
講師:藤田一照+藤野正寛

前売り 2,500円
当日  3,000円

2019年2月1日(金) 10時−15時

10時~12時  ワークショップⅠ『倍音声明』
講師:永沢哲
『倍音声明』
倍音声明は、中央アジアで広がった発声方法です。人間の声には、いくつもの倍音の層があり、その関係が、声の個性を決めています。ところが、そのうち、高い層の倍音に意識を向け、強調することで、まったく天国的な音の体験が生まれます。このワークショップでは、モンゴル、トゥバのホーミー(ホルメ―)、チベットの声明をもとに、イギリスのセラピストであるジル・パースが創造した倍音声明を実修します。

13時~15時  ワークショップⅡ『瞑想と身体技法の伝統を問い直す』
講師:藤田一照+永沢哲
藤田一照さん永沢哲さんの共著「禅・チベット・東洋医学―瞑想と身体技法の伝統を問い直す」(サンガ出版)で展開された仏教間対話を基に、瞑想のための身体論、よい転生のための死の技法などを体験的に探求していきます。

Share this Post

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*